て日々

2021年4月

目次へ

朝は例によって倅の弁当を作り、朝食の段取りをする。倅を学校へ送り出してから洗濯をし、買い出しに行く。午後は自転車で大学へ。夕食はビーフカレー・ひよこ豆入り。なんだかんだ言ってるうちに4月が終わる。主夫のマネゴトでどうにか1か月を過ごしたが、仕事が比較的ゆっくりなおかげで助かっている。みなさんのおかげです。いやマジで。

朝から昼過ぎまで雨。昼食はシーフードの焼きそば。きょうは一日家でボケボケしているしかないと思ったが、午後4時前には雨もあがっていたので、運動不足解消のため、ちょっと遠めのスーパーまで歩いて買い出しに行った。夕食はたこ飯ともやし炒め。夜には、高校の後輩であるクラリネット&サックス奏者の岩田直樹から声がかかり、Zoomでヨモヤマな話ができて、とても楽しかった。いやほんと、また昔の顔ぶれでキャンプに行きたいね。

この数日の日記を読み返すと、推敲不足というか編集ミスが目立つ。どうもいけない。

朝から雨である。かなり久しぶりに2人分の弁当を作り、倅と一緒の電車に乗って出かける。大学に行くのは、なんと先週の月曜日以来である。午前中にいつもの教材開発打ち合わせがあり、午後には演習の授業と、学部の会議がある。そのほか、科研費の昨年度の報告書を書く作業などの事務作業。夕方から資料を探しに図書館に行こうかと思っていたが、県立図書館も市立図書館も感染症対策で閉館している。ううむ。

午後に卒業研究ゼミ第2組。引き続き命題論理の範囲で自然演繹の推論。ようやく矛盾や否定記号を含む推論が登場した。ただし、まだ二重否定除去は出てこない。自然演繹は、直観主義論理の範囲でやっているうちは確かにとても自然な演繹に思えるんだが、排中律や二重否定除去の推論を扱おうとすると、とたんになんだか不自然になってしまうので困る。

昼休みにTeamsで教室会議。午後は卒業研究ゼミ第1組。セミラティスの定義。ボレル集合体。測度の一般論。ゼミ終了後、思いたってダイキに行って紙(子供向けの「らくがきちょう」)とサインペンを用意。遠隔ゼミで解説を加えるときにホワイドボードがわりにカメラの前で使うのだ。ホワイトボードや黒板のように自由ではないが、まあ使えるだろう。

朝、妻の何度目かの誕生日なのでメッセージを送る。とてもいい天気である。午前中、倅と二人で、散歩がてら歩いてアパートまでアパートの掃除に行く。床にぞうきんがけをし、戸口とベランダを掃いて、昼前に最終的にアパートを後にして、掃除道具をもって電車で帰宅。2018年の9月からだから、このアパートで2年と8か月暮らしたことになる。帰宅して、昼食はラーメン。昨日のチャーシューの残りを使ってチャーシュー麺にしたらけっこう美味しかった。午後は昨日買った『深層学習の原理に迫る』を読み、夕食は野菜炒め。

昼は素麺をゆで、惣菜の残り物をおかずにして昼食。そのあと、休業中のワダさんちのパーティーに呼ばれて出かけた。パーティーといっても実態は皆で床に車座になっての酒盛りである。こんなのは松山ウィンドで吹奏楽をやってた頃以来だ。その帰りに、ジュンク堂書店で今泉允聡『深層学習の原理に迫る』(岩波科学ライブラリー)と鈴木貫太郎『大学入試数学不朽の名問100』(講談社ブルーバックス)と江沢洋・中村徹『ブラウン運動』(朝倉書店)を買った。ブルーバックスは倅に読ませる。街で買ったテイクアウトの焼豚を使って夕食に叉焼丼を作ったが、昼の素麺が多かったうえに出先でいろいろ飲み食いした俺は半分しか食べられなかった。

朝、アパートから粗大ゴミを搬出してもらった。最小限度の掃除道具を残してすっかりがらんどうになった部屋の壁にもたれ、しばし感慨にふける。

午後、解析学の講義。テーマは一様連続性。関数の連続性を示すさいのεに対するδのとり方について事例を3つ紹介したうえで一様連続性の定義を述べ、閉区間上の連続関数が一様連続になることを、ボルツァーノ・ワイエルストラスの定理を応用する形で証明した。

夕方、昨日の学生からの質問に関連してPythonの小さなプログラムを書いて走らせる。夜はApple Watchに促されるように散歩に出て少し離れたコンビニでお茶を買った。

午前中、いつもの教材開発打ち合わせだが、いつになく長時間になって昼休みも全部食われてしまった。午後には明日の授業の準備をのんびりとやる予定だったので、俺は困らなかったが、他の忙しい先生たちは昼食をどうしたのだろう。

夕方、学生からの質問メールが届いた。大学院入試に備えて線形代数を勉強しているらしい。いろいろの質問にどう答えるか長考していたら、夕食が少々遅くなった。手羽中のタレ焼き。

さてさて、いまこの「て日々」を入力しているDebianパソコン (Acer Aspire E3-111) は、トラックパッドの動作が時々おかしくなるので、マウスが必須である。ストレージは500GBのSSDに差し替えたから不満はないが、搭載メモリが少なく、CPUも非力である。「て日々」を書くくらいならどうにか困らないが、これまでの「もの書きパソコン」の代替機としてはまったく力不足である。ここはもう1台、持ち運び可能で強力なDebianマシンが欲しいところだ。あと、遠隔授業用に、ペン書きで入力する方法が必要だ。

いつになく倅の寝起きが悪かったので(いや普段から寝起きがいいとは言えんが)心配したが本人は別段平気だったらしい。まあそんな日もあるか。俺のほうは倅の飯の面倒を見るようになってから起床時刻や食事が規則正しくなっていて、ありがたい限りだ。午前中リモート会議。午後は演習の授業。講義のスライドづくりと、いつもの教材開発作業を少し。夕食はもやし炒め。

午後、卒研ゼミの第2グループ。自然演繹の説明。ひとまず⇒と∧の推論規則が登場した。いきなりすべての推論規則を列挙して話を始めないところはなかなか教育的なテキストだと思う。

夜、ピアノのレッスンに行く。5月の演奏会は延期になった。しかし、いずれ演奏する機会は必ずやってくるのだから、気を抜いてはいけない。

先日から倅の弁当は作っているが、きょうは久々に自分用にも弁当を作って、大学に持っていく。午後、卒業研究ゼミ第1グループ。本格的なゼミの始まりである。しかし、Teamsのビデオチャットを使って遠隔でやるから、ゼミにつきものの黒板を前にしてのディスカッションがやりにくい。紙にマジックで大書きした数式をカメラに写して、どうにかしのぐ。

ゼミの第1グループは二人。ひとりは吉田伸生『ルベーグ積分入門』(新装版、日本評論社)を読み、もうひとりは田中俊一『位相と論理』(日本評論社)を読む。俺はべつだん日本評論社のマワシモノというわけではないのだが、2冊とも日評の本である。火曜日の第2グループは三人で、こちらは昨年度後期の3年生ゼミのメンバーでもあったので、さしあたりその続きで、山田俊行『はじめての数理論理学』(森北出版)の第3章を輪読してもらう。

きょうはそのほか、アパートを引き払ういろいろの手続きも進めた。部屋に残った不要品の処分の手配をしたり、電気を止める連絡をしたり、最終的な退去の日を不動産屋に知らせたり。

夕食は鳥もも肉の香草焼き。

日曜日なので少し朝寝する。昼食はうどん。午後はアパートの掃除に行く。いまでは、つい先月までそこに生活のリアリティがあったとはもはや思えない。自転車を停める動作や、階段を登りながら鍵を探す動作が、いかに身に馴染んだものであっても、窓の外の景色がいかに見慣れたものであっても、そこはもはや家ではないのだ。なんとも不思議なものだ。夕食は鰹のタタキと鮭の刺身。

朝のうち雨。自分も倅もこれといって用事がないので家でのんびり過ごす。昼食はラーメン。午後は雨も止み、晴れ間が見えてきたので、ジュンク堂書店に中村大介『数理と哲学—カヴァイエスとエピステモロジーの系譜』(青土社)を買いに行った。夕食は麻婆豆腐。

朝食を用意し、倅を学校へ送り出し、洗濯をし、給料日なので銀行で若干のお金の移動をして、それから大学へ行く。何件かメールで連絡を回し、解析学のZoom講義をする。きょうの内容は平均値の定理と中間値の定理。

少々疲れが溜まってきたので、夜は無理せず早く寝る。

きょうはアパートから自宅へ荷物を移動する当日。昼食後、アパートに行って梱包のやり残しを片付ける。午後2時すぎに引越し業者の若者二人がやってきた。本が一杯つまった重い段ボール箱、俺だったら一個でも運びあぐねるものを、彼らは二段積みにして持ち上げてしまう。これにはびっくりした。実に逞しい。おかげで、あっという間に積み込みが完了した。自宅に運んだ荷物は、電子ピアノと若干の食品を別にして、和室を物置部屋にしてそこへ押し込んでしまう。

朝のうち洗濯。いつもの教材開発打合せのリモート会議。午後は演習のリモート授業。

朝のうち雨。午後はセミナーの第2グループの初会合。昨日同様、こちらも方針の確認だけでおしまい。夜はピアノのレッスン。先週より少しはマシ、というところ。あきらめず、ゆっくり進む。

午前中は家にいて授業用のウェブページを作る。午後、新年度のセミナー第1回目。ただし、初回は教員も学生もお互い準備不足のため、方針の確認だけでおしまい。夕方はアパートに行って少しだけピアノ。少しだけ片付け。小雨の中を帰宅して夕食の準備。

午後、堀端にサックスの練習に行く。やはり1時間くらいは練習しないとマトモな音が出ない。その後、地下BALで軽く飲んで帰宅。夕食の段取りをするが、倅が塾から戻る時間が読めないので、夕方からまた自転車で出かけ、宮西のブックオフとハードオフをちょいと見て帰宅。それが倅と入れ違いになったせいで少し遅くなったが、晩飯は天津飯。

土曜日なので倅の学校は休みなのだが、いつもどおり朝食の用意をし、いつもどおりの時間に声をかける。ただし、いつものように起こすようなことはしない。昼食はうどん。スーパーで天ぷらの盛合せを買ってきて天ぷらうどんにした。午後はキッチンの片付けなどをしたが、天気がよかったのでサックスの練習に行けばよかった。まあ、明日にしよう。夕食はカレー。思うほどうまく作れなかった。

朝、いつもの朝食のほかに倅の弁当を作る。前期のあいだ、毎週金曜日に解析学の講義をする。昨年は資料を公開して非同期でやったけど、今年度はビデオ会議形式でリアルタイムでやる。内容が多いので少し心配だったが、喋ってみると、かなり時間が余った。もう少しゆっくり喋るべきだ。

きょうから倅の学校が始まる。うちの大学も開講日だが自分の出番は明日から。

午後、Teamsによるビデオ会議2連発。その合間を縫って、質問に来た学生に応対する。行列の対角化の問題、半開区間と開区間の間の全単射の構成、環の単数群の問題など。予定していた1時間はあっという間に過ぎた。それにしても、こうやって学生に数学を教えるのが俺たちの仕事のはずなのに、このごろは会議ばかりやっている気がする。

転勤先で妻と娘が入居するマンションの写真を見せてもらった。東北地方の地方都市だが、いいところっぽい。娘は妻と別行動で、京都の俺の実家に寄ったりしながら移動して、きょう無事に現地入りしたらしい。

夜、塾に行く倅と同じ電車で出発して、ピアノのレッスンに行く。電子ピアノはまだアパートにあるのでほとんど練習できていない。

きょうは妻の転勤先へ荷物を搬出する日。それは午後の遅めの時刻になるのでいいのだけど、昼食も作らねばならず、2時からの会議に備えて準備もせねばならず、そう思っていたら急に大学へ行かねばならぬ用事ができ、お昼前後にちょっとバタバタした。そして、2時開始と思っていたリモート会議が実は1時半開始で、けっこう慌てるなど。まあ、間に合ったけどね。妻の荷物が運び出された後に、来週には俺の荷物が運び込まれる予定であるから、その間にできるだけ片付けを済ませねばならん。

夕食には豚の生姜焼き。ちょっと味付けが濃くなってしまった。

雨である。午前中のちょっと雨が止んだ隙をついて、アパートへ傘を取りに行く。昼飯は焼きそば。午後はダラダラして過ごす。

きょうは昼食に回鍋肉を作った。春キャベツを使うと、いい感じの歯応えがあってけっこう美味しい。

メンテナンスに出していたアルトサックスを受けとりに行った。試奏してみると、別の楽器のように吹きやすく、よく鳴るようになっている。ありがたいことだ。あとは練習時間と練習場所。これについてはそのうち近所のカラオケ屋を試してみることにしよう。

いい天気なので洗濯をする。窓を開けると通りすぎる風が心地よい。改めて感じたがこの家は先日まで暮らしていたアパートより多少は陽当たりがよい。

今年度も各種ガイダンスはオンライン開催。きょうは自宅から参加。

さて新年度。家の片付けやら倅の飯の心配やらする一方で、仕事は普通にこなさねばならない。まあ、それは仕方のないことだ。