て日々

2021年3月

目次へ

昨晩のことだが、Twitterで何人かの若い知人と話しているうちに、記述集合論の日本語の本を書くべきだという話になった。俺が書くしかないのかもしれない。すでに約束をしていてとっくに書き上がっているべき本が仕上がっていないのが現状で、新しい本の企画を始めている場合ではないのではあるが、記述集合論については、ある程度まとめたノートが存在しないこともない。それをどうふくらませて一冊の本にするかというのは、考えていると楽しいものだ。このごろ勉強する楽しみをすっかり忘れていた。思い出すべきだ。

年度末である。詳しくは言わないが、今夜から元の持ち家に戻り、生活形態が少し変化する。

春休み中はずっと片付けばかりしていることになる。その合間に、パソコンのOSのアップデート(Debian 10.8→10.9)などなど、テキトーにやる。

キッチンの食器類は意外と少ない。鍋釜のほうが多いくらい。カセットコンロなど、一度も使わなかった調理器具がある。しかし、あちらの家に戻ったら調理の熱源はIHからガスになるので、また使い勝手も変わり、出番が出てくる可能性が高い。

朝、市役所に行った。年度末直前の月曜日ということで、転入する人、転出する人、それぞれ多いのだろう。なかなかの混雑である。40分ほど待ってようやく、住所の異動を届け出たが、その場で住民票を発行してもらおうとすると、また40分ほど待たねばならんという。データを人手で更新してからプリントアウトするわけだから、まあそういうことになる。仕方がない。住民票は後日もらうことにする。住民票がなければ運転免許証などの住所変更ができない。運転免許証の住所変更をしてからでないと銀行が住所変更を受けつけてくれないことは経験済みである。やっかいだが仕方がない。さしあたり、郵便局へ転居届を出していったん帰宅。

午後、倅の通院に妻と二人で付き添う。いままで倅の通院は妻が面倒をみていたのだが、これも俺が引き継ぐことになった。

夕方、学生との面談のために大学へ行く。

夕食はフジグラン松山のステーキ食堂。29日は肉の日なのでステーキが安いのだ。

そんなこんなできょうはわりかしよく動いた。歩数計カウント14,612歩。休肝日。だけど、このアパートに住みはじめた2年半前と比較しても、このごろは、ちょっと体力に自信がない。不摂生が祟っているのだ。4月からは生活も切り替わるわけだから、改めて健康に留意して過ごすことにしよう。

アパートの部屋の片付けはだいぶ進んだ。キッチンはまだだが、居室の荷物は書籍を含めてほぼ箱詰めが済み、敷物も取り除いてひさしぶりに床が見えた。段ボールが足りないが買いに行こうにも朝から雨である。夕方遅く、雨が止んだころに、引越し業者に見積に来てもらい、荷物の移動の日を決めた。その場で段ボールを10箱もらえたので助かった。これだけあればキッチンのものも収まるでしょう。たぶん。

本を40冊ほどブックオフに売りに行った。まだまだ焼け石に水である。これを全部箱詰めせねばならん。というか、本を持ちすぎである。本というものは読まねばならん。読まずに積んでばかりいるから、こうして引越しのたびに悲しい思いをせにゃならんのだ。

きょうも休日出勤の代休。家の中のいろいろなものを片付ける。こぢんまりと暮していたつもりだが、衣類などに不要品がたくさんある。

先日の演奏会で吹いたアルトサックスをメンテナンスに出した。楽器はその他にテナーサックスやらソプラノサックスやらフルートやら電子ピアノやら、いろいろあって、あれもこれも、あちらの家に運ばねばならない。

いろいろの事情で、二年半住んだこのアパートとこのほどオサラバし、来月の頭にもとの家に戻ることになった。今月末までにアパートを引き払うというのは現実問題として不可能だし、賃貸契約もすぐには切れないので、来月末までかけて引っ越しすることにする。

午後から夕方にかけてリモート会議が2つ。それが済んでから地下BALとGarakta。

いろいろの用を済ませに大学へ行く。休肝日。

先月から、Processingで作画したものを一日につき一点ツイッターに上げるということをしている。そろそろネタ切れで苦しくなってきたが、そうなってからが大事なんだろうとも思う。これまでの俺は、何かに手をつけても、本当に面白くなる手前でやめてしまっていた。続けねばならない。そのためには勉強も必要だ。

午前中、数学カフェ運営の春さんとチャットで連絡をとる。午後に教材開発打ち合せ。

3月27日に追記:日記を溜めるとよくない。書くことが思い出せないな。

いろいろの事情により倅はきょう一日俺のところで過ごす。きょうは先日の休日出勤の代休をとっているのであまり困らない。二人で朝寝した。遅い朝飯を昼飯を兼ねて食い、天気が回復したので洗濯をする。午後、自分の仕事をしたり、倅のアホ話につきあったり、つきあいきれずに一人で散歩に出たり、数学の勉強をみてやったり。夕方になったので二人でフジグラン松山のフードコートに夕食をとりに出かけた。夜遅くなってから妻が倅を迎えに来た。

一昨日から言っている吹奏楽というのは、2006年3月31日の日記に「マエストロ恩師」という名で登場している白石先生が教職を引退してから結成したバンドのことだ。トランペットを吹いている川尻さんという方に地下BALで知りあい、その紹介で、今回から参加させていただくことにした。きょうは中学校3校とのジョイントコンサートの日。昨年の3月22日の日記に言及しているとおり、昨年はこのジョイントコンサートそのものが中止で、それは白石先生にとって年に一度の楽しみがなくなったことを意味する。感染対策に万全の体制を整えて、今年は2年ぶりの開催となった。白石先生のバンドは、その日とその前数日だけメンバーが集結する。小学生から60代まで年齢層は幅広く、お兄さんお姉さんの集まりかと思っていたが案外若い人が多い。

朝9時からリハーサル。それが10時過ぎに終わったのでいったん帰宅。昼食のうどんを作って倅と二人で食う。少し休んでから再び会場入り。夕方に本番。俺にとっても吹奏楽のステージを踏むのは(一昨年の6月22日以来だから)ほぼ2年ぶり。しかも今回は会場があの思い出深いキャメリアホールである。プログラムはポップス中心に8曲だが、途中に大曲「海の男たちの歌」がある。これだけは、練習不足でほとんど吹けなかった。

終演後、片付けを少し手伝った。ウチアゲなどはないので、おとなしく帰宅。都合により今夜も倅が滞在する。夕食には二人でカツオのたたきを食べた。

倅と二人で寝坊した。今夜も夕食を作ってから吹奏楽のリハーサルに行った。バテた。

倅はきょうが終業式で、午前で帰ってきた。昼食に焼きそばを作って二人で食う。それから会議に出席するために大学へ行く。帰宅して夕食を作ってから、吹奏楽のリハーサルに行った。ひさしぶりの吹奏楽は楽しかったが、バテた。

午後、ビデオ会議が2件あって、夕方までかかった。夜、倅が泊まりに来た。

午後、いつもの教材開発打ち合わせ。進捗が俺のところで止まっているのはアキラカなので、次回までになんとかすると言ったら、その次回が明日になってしまった。おいおい冗談きついよ。まあ、やるしかないけどね。

今週末にそなえてフジグラン松山の3階でズボンを買って裾上げを頼み、そのあと県立図書館に行った。

本当なら水曜は休肝日なんだけど今週は明日から週末まで飲めないから、今日はいいかと思って飲みに行ったら、美術コレクターの河村さんという方に会った。藤田嗣治のことなどいろいろ話を聞くことができて楽しかったが、ちと飲みすぎた。

何がどうなっているのかわからんがとにかく眠い。仕事にならん。過去の日記を遡ると、どうやら毎年この時期はそんなこと言ってるようだ。なにか理由があるんだろう。

午後、学生との面談が2件。妻に手渡さねばならぬものがあり、家で連絡を待っていたが、深夜になっても音沙汰がない。

午後、日本数学会の年会で企画特別講演ということをさせてもらう。そもそも俺は日本数学会の会員ではないし、このごろはろくに研究もできておらず、とてもそんな特別講演なんて器ではない。だが、数学会員のとくに数学基礎論および歴史分科会には知り合いが多くて、分科会の委員たちが今度はひとつあのフジタにやらせようと決めたというので、しゃあないなと引き受けたのだ。本当なら東京の慶應義塾で開催されるはずだった学会はオンライン開催。Zoomでの講演となった。用意したスライドが思いのほか多かったのでかなり早口でしゃべった。これではわかるもんもわからん。申しわけない。

昨日の日記に書いたようなわけで、ハードオフにThinkPad T420を持ち込むが、年式が古くてメーカーで修理できないので返金します、となって、代金を返してもらった。代金もさることながら、今回はデータが無事だったので助かった。お蔵入りになっていたdynabook R63/Tを復帰させ、システムを再インストールした。ぼちぼちキーボードにガタの来ているこのdynabookにもう少し働いてもらうことにしよう。

午後、堀端へサックスを持っていって少しだけ吹いた。本当はもっと練習せにゃならんのだが。

歩数計カウント10,778歩。

朝、「ちょっと頑固な人々がしかし楽しげに住む小さな田舎の村に滞在し、それなりに歓待される夢」を見た。

昨日に引き続きこの時期ならではのあの作業のため出勤。しかし思いのほか早く、午後1時前に終わったので、炎やらーめんで昼食のあと、地下BALに行った。

夜、先月からDebianを入れて使っているThinkPad T420のディスプレイがおかしくなった。起動画面から表示がヘンなのでハードウェアの故障である。ハードオフで買ってから1か月。まだ保証期間内なので、修理に出すことにして、外付けドライブにデータを吸い出す。

歩数計カウント9,904歩。

朝、少し寝坊ぎみだったので慌てて出かけたらプラスチックごみを回収に出せなかった。今日と明日は、この時期ならではのあの仕事の後期バージョン。その間も、いつになくたくさん仕事のメールが届いた。歩数計カウント9,305歩。

少々くたばり気味。昨年末に半年分前払いしたと思っていたピアノの月謝を実はまだ払っていなかったことに、夕方になって気付き、あわてて払いに行くなど。歩数計カウント8,713歩。

講演のスライドをひととおり仕上げてひと安心。学生との面談数件。歩数計カウント9,183歩。

午前中はいつもの教材開発会議。これがけっこう長かった。昼食はフジグラン松山のフードコートでカツ丼。帰宅して少し昼寝。午後もだいぶ遅くなってから、講演のスライドにとりくむ。調子が出てきた頃に、ピアノのお稽古の時間が近付いてきたので出かける。

歩数計カウント7,961歩。

午前中はTeamsのビデオ通話である同僚と仕事がらみの長話(広義には会議あるいは打合せ)をする。午後は学部の卒業判定会議。そのあと学生とのメールのやりとり等々。講演のスライドもわずかながら進捗。

菊池誠(神戸の)から、彼を含む神戸大学の学者たちが立ち上げた新しい研究拠点「神戸大学バリュー・スクール」のマニフェストというべき書物『価値創造の考え方—期待を満足につなぐために』(日本評論社)をもらった。菊池さんは数学基礎論の研究者だが、この本はどこか《工学基礎論》という趣がある。角田譲先生の衣鉢を継いだ菊池さんは抽象的設計論にも造詣が深いから、こういう仕事にも向いているのかもしれない。

冬のあいだじゅう不調だった右膝がだいぶ快復している。歩くのがずいぶん楽になって、ありがたいことだ。歩数計カウント11,280歩。

朝、起きたら10時半を回っていた。いくら休日だからとて、これは寝すぎだ。ともあれ、遅い朝食をとり、シャワーを浴びる。午後は家でスライド作りをするが、頭がぼんやりして、思うように進まない。夕食後、きょう一日ちょっと運動不足だったので小一時間外を歩いてきた。歩数計カウント10,240歩。むしろこの程度の運動を朝にやるべきだと思う。普段は毎日の通勤がその代わりになってくれているのだけど、このところなんだかんだで歩数も少なかったからな。

休肝日。

午後、サックスの練習に行こうかどうしようかと思ったが、なんだかんだで果せなかった。歩数計カウント7,929歩。

昨晩は寝落ちして朝までコタツで眠っていた。これはよくない。

午前中いつもの教材開発会議。午後、何通かのメールのやりとりのあと、ある論文の査読を引き受けることになった。

今月の15日(月)に講演をせねばならない。日が迫ってきたので、いいかげんスライドの準備にとりかかる。

朝、またまた寝坊する。天気がよいので洗濯。

マット・ピアソン『ジェネラティブ・アート』を読み終えた。最後の例題のコードにはバグがあって、それがグラフィックスに思いがけない効果を与えていた。だけど、どうも気に入らないからバグを修正した。そしたら、グラフィクスが対称性を回復してスッキリした印象になり、その代わりに面白みがなくなった。難しいものだ。

午前中、いつもの教材開発会議。午後、新年度の卒業研究ゼミの配属が確定したので受け持ちゼミ生に連絡をとる。今度は5人。もっぱらオンラインでのゼミになる。しっかりやろう。

夜、強い風が吹いて寒い。ピアノのレッスンに行く。5月の「大人の音楽会」で演奏する曲を決めた。

この時期ならではのあの仕事、結果の読み合わせをして完了。

マット・ピアソン『ジェネラティブ・アート』のセルオートマトンの章を読んでコードを入力・実行してみる。「ヴィシュニアク・ヴォート」とか「ブライアンの脳」というルールのセルオートマトンが面白い。もう少し詳しく調べたくなったが「ヴィシュニアク・ヴォート」の元の綴りがわからず、ウェブの検索にもほとんど何もひっかからない。

歩数計カウント10,809歩。