て日々

2020年8月

目次へ

なんだかあっという間に8月も末になってしまった。

朝、市役所にある証明書を取りに行ったあと、ひさしぶりに三番町ガーデンプレイスカフェでひと息入れていたら、きょうの昼休みに教材開発の打ち合わせがあることを思い出して、あわてて大学へ移動。昨日やりかけた作業を進める。夕方にもう一件リモート会議。夕食は消防署近くの松屋で、ねぎ塩豚丼。歩数計カウント12,332歩。

午後、城山に登った。登ってる間は暑かったが、本丸広場に着いたころに空が曇って風が吹き、だいぶ涼しくなった。遠くに雷が聞こえ、夕立にでもなるのかと思ったが、雨は降らなかった。歩数計カウント8,885歩。

県立図書館、ジュンク堂書店、地下BALといういつものコース。夜には Garakta に行った。トクさんの Garakta も今夜が最後。いよいよ閉店になるとあって、たくさんの常連客が集まっている。俺もまあ常連といえば常連だが、なんだか人々の盛り上がりに参加しそびれ、話相手もなく、二重の意味で寂しい最後の夜となってしまった。歩数計カウント9,814歩。

午後の大学院ゼミが休みになったスキをついて美容院に行った。それなりにすっきりした。歩数計カウント11,236歩。

このところずっと好天続きでありがたかったが、そろそろお湿りも欲しいところだと虫のいいことを思っていたら、日中、陽の光が差しているのに大粒の雨が降った。昔風の言いかたでは、こういう天気雨を「狐の嫁入り」というのだけど、なんだか不思議な光景だった。

県立図書館で先日借りたドビュッシーの伝記がろくに読めていないのに返却期限が土曜日に迫っているので、いまになって急いで読み進めている。若い頃のドビュッシーは才気煥発で面白いが、ちょっと自己中で信用のならない奴という感じがする。まあ俺も来し方を振り返ると、あんまり人のことは言えない。

歩数計カウント11,510歩。

午後、菊池さん依岡さん酒井さん池上さんとZoom会談。なのだが、途中に別の抜けられない会議が入ってしまった。まあ短時間ではあったが。

まだ暑いのだが、もう真夏ではないと感じる。夕方になるといくぶんしのぎやすい。倅の4連泊の最終日。歩数計カウント11,704歩。

教材開発についての会議と、パンフレットづくりのための会議。Microsoft Teamsを導入してリモート会議が簡単にできるようになったおかげで、かえって小さな会議が増えたようだ。夕方、いったん帰宅し、早めに夕食を済ませて、ピアノのレッスンに行く。クーラウのソナチネOp.20 No.1が通ったので、次は正規の順序に戻ってクレメンティのOp.36 No.1をやる。レッスン後はちょっとだけ Garakta に寄り、歩いて帰宅。倅を迎える。歩数計カウント12,797歩。

このシーズン特有の、あの作業、ようやく一段落。研究室の古いスチール製の長机を廃棄処分。俺がこの大学に着任したときからあったから、かれこれ30年近く使ってきたのだけど、昨年度末に新しいのを買ってもらったのだ。

歩数計カウント13,559歩。今夜も倅が泊まりに来る。

夜に倅が泊まりにくるので、明日の弁当を見越して、午前のうちに買い出しに行った。

午後の散歩のとき、いつもの帽子を被らずに出たが、曇っていたので平気だった。まだ暑いのだけれども、風もあり、なんとなく秋の始まりが感じられた。とかなんとか言いながらも、帰宅後はやはりエアコンのお世話になってしまうんだけどね。

歩数計カウント7,966歩。

ここしばらく、Apple Watchに促されて運動するようになって、それはそれで結構なんだけど、暑いさなかのことなので、少しバテ気味でもある。

昼食と昼寝のあと散歩。ジュンク堂書店プラス地下BALというよくあるコース。歩数計カウント8,930歩。

このシーズン特有の、あの作業の続き。途中に大学院のセミナー。歩数計カウント11,363歩。

大学院入試の面接。そして長めの会議。歩数計カウント10,375歩。

大学院入試の筆記試験。試験中、出題者は研究室で待機していなければならない。で、試験が終わればすぐに採点もする。

それ以外の時間は他の仕事に関連した作文をしていたのだが、その流れで調べものをしていて見つけた Spurious Correlations というサイトが面白かった。偶然の一致で非常に高い相関を示すデータの組をいろいろ集めているのだけど、たとえば2000年から2009年までの各年ごとのアメリカ人一人あたりのマーガリン消費量とメーン州における離婚率との相関係数が0.99であるとか、同じ期間のアメリカ人一人あたりのチーズ消費量とベッドのシーツに絡まって死んでしまった人の数との相関係数が0.95であるとか。迷信深い人なら「偶然とは思えない」とか言って何か隠された意味を探しかねない話だけど、世界中で時々刻々ありとあらゆるデータが集められている時代であるから、いわば引き出し論法で、こういう偶然の一致を示すデータの組は、探せばけっこう見つかるのだろう。統計的な相関を因果関係と取り違えていはいけない、というのはよく言われることで、それどころか、非常に強い相関がまったく数字の上だけの見せかけのもの、ということもありうるわけだ。

定例休肝日。歩数計カウント9,542歩。

午後にビデオ会議が2件。そのうち1件は今月5日に引き続いての、菊池さん依岡さんに池上さんを加えたZoom会議だった。歩数計カウント10,141歩。

お盆明けだからというわけでもないが、珍しく仕事で遅くなった。歩数計カウント9,405歩。

午前中は松山市総合公園に歩いて行ってみた。あの展望塔をめざして炎天下を歩くと、気分は「ぷよぷよSUN」のオープニングアニメである。帰宅して、午後は堀端へサックスの練習に行こうかなあと思いながら家で昼飯を食っていたら、倅から電話で、勉強する場所を借りに来るとのこと。そんなわけで午後のお出かけはキャンセル。やってきた倅に、さっき自分が食っていたスパゲティと同じものを作って食わせた。倅が来たのは塾の自習室がふさがっていたからだそうだが、あちらの家に戻るより、俺のところに来たほうが多少なりとも勉強がはかどるらしい。

なんだかんだ言って歩数は稼いだ。歩数計カウント13,082歩。

午前中、ひさしぶりに自転車に乗って、三津浜へ海を見に行った。海も綺麗だったが、雲のない青空がとても綺麗で、海岸通のところどころに植えられた百日紅の花が目に鮮やかだった。しかしまあ、今日も暑い。

午後、ジュンク堂書店で縫田光司さんの新著『耐量子計算機暗号』(森北出版)を買った。歩数計カウント8,969歩。

深夜、Kenneth Kunenさんの訃報。慎んでご冥福をお祈りしたい。

お盆休み3日目。昼食はフジグラン松山のフードコート。「れんげ」の唐揚げあんかけチャーハンを食った。午後、暑いさなかに散歩に出て、中央通のブックオフまで歩いていくが、何も買わずに帰る。Apple Watchで運動量をモニターできるおかげで、どうも家でだらだらとは過ごしにくくなった。歩数計カウント10,955歩。

夜、茂木健一郎『クオリアと人工意識』を読み終えた。

お盆休み2日目。昼食には久々に手作りピザ。県庁裏から城山に登り、帰りは東雲口へ降りる。歩数計カウント13,718歩。

お盆休みだが帰省もできない。

午前中、例によって洗濯をしてピアノの練習をして、それから『ゲーデルの悪霊たち』を読んでいたら、Apple Watchに「おやおや、いつもならもっと運動している時刻ですよ」とかなんとかお節介なことを言われた。それで、特に目的もなく10時すぎに家を出て、道後の温泉街まで歩いて行った。せっかく行ったんだから、風呂くらい入ってくればよかったのだが、ちょっと気が進まなくて、少し土産物屋などを見たあと、なにもせず帰る。日差しが強く、けっこう暑い。来たときとは違う道を通って、12時ちょっと前に帰宅。ひと息入れてから昼食の焼きそばを作る。

昼食と昼寝のあと読書を再開。午後4時半ごろまでかかって、『ゲーデルの悪霊たち』を読み終えた。ゲーデルがいわゆるプラトン主義者であり、実在論的な数学観をもっていたことはよく知られている。ところが、ゲーデルはさらに神や天使や悪魔の実在をも確信しており、そうした超感覚的存在について、ライプニッツやフッサールの哲学を手がかりに深く考察していたらしい。『ゲーデルの悪霊たち』は、ゲーデルの死後に遺されたノートを丹念に解読して彼の特異な思考を明らかにしている本で、とても面白かった。もっとも、数学とその論理だけに関心のある読者層にはそれほど高く評価されないだろうとは思う。

夕方、また散歩に出かける。こんな日は、冷えたビールが美味しいに決まっているのだが、水曜日は定例休肝日なので我慢する。歩数計カウント14,336歩。夕食後は茂木健一郎『クオリアと人工意識』(講談社現代新書)にとりかかり、第四章まで読んだ。

朝、洗濯をしたが、気象協会の天気予報では夕方に雨が降るとのこと。仕方がないので室内干しにして出かけたが、夕方になっても雨が降ったような形跡はどこにもなかった。大学では今日も今日とて、このシーズンならではの作業のいろいろやら、Teamsでのリモート会議(といいつつ全員同じ建物内にいたのだが)やら、成績処理やら、学生さんの質問への対応やら。ツイッターやLINEのアイコンに使っている、みなさま先刻ご承知のニトリのシロクマ抱き枕の写真を、じつはTeamsのアイコンにも使っているのだけど、質問に来た学生さんがあれはイヌだと断言してくれて、ちと心外であった。

歩数計カウント10,222歩。大学までの往復を早足で歩けば、そこそこの消費カロリーになるようだ。まあ、消費したぶんのカロリーはついついビールで補給したりしてしまうのだけれども。Apple Watchのおかげで、少しは体を動かそうという気になれるだけありがたい。メールやLINEのメッセージを手元でさっと確認できるのも便利だ。

自宅で前期の提出物を集計して成績をつける。ただし、大学の成績処理システムには学外からアクセスできないので、入力は明日か、あるいは17日ということになる。フジグラン松山へ行ってアンダーシャツを買い足した。

午後、また城山に登る。今回は黒門口登城道から登り、本丸広場の木陰の席で『ゲーデルの悪霊たち』を少し読み進めて、県庁裏登城道を降りた。歩数計カウント9,197歩。

午前中、ピアノの練習、それから県立図書館。いま練習中の曲について調べるため、ドビュッシーの伝記を借りてきた。

ジュンク堂書店に行った。森毅『数学プレイ・マップ』がちくま学芸文庫入りしていたので、さっそく購入。もともと、俺が学生だった昭和の末年に日本評論社から出ていたが、長らく入手困難になっていた本だ。装いも新たになったこの本がまた読めるのは嬉しい。

地下BALに行った。木曜日の夜にひどい目に遭うに至った俺の脇の甘さを皆に厳しく批判された。俺も反省はしている。

歩数計カウント11,877歩。

きょうも朝から晩方まで、このシーズン特有の、あの作業。午後、途中で大学院ゼミをやるために抜けさせてもらい、研究室でnCoくんと修論の下書きをチェックする。夜は、院生nCoくん、3年生TMAくんCZUさんと4人で、三番町の清香園で豚足を食ってビールを飲んだ。この席にTMAくんCZUさんを誘ったのは俺ではなくてnCoくんなのだが、それはともかく、今年の3年生は教員を交えた飲み会は初めてとのことで、ちょっと緊張させたかもしれない。二次会には行かず、歩いて帰宅。歩数計カウント12,347歩。

朝から夕方まで会議というか打ち合わせというか作業というか。詳しくは言えないが、大学の数学教員というものには、例年この時期にやる面倒な作業がある。今週はその山場なのだ。

ひと仕事済ませて夜には地下BALにひと息つきに行ったのだが、今夜に限って、先客の酔った女性2人の面倒をみなければならなくなり、ひと息つくという感じではなくなった。地下BALを22時に追い出され、酔っ払いお姉さん2人につき添ってしばらく街をさまよった。小さくヒドい目にあった。まあ、生きていればいろいろある。午前1時ごろ、どうにか無事に帰宅。

Apple WatchとiPhoneの記録によると、歩数計カウント13,078歩。ただし、Apple Watchの運動記録は午前0時でリセットされる。今夜のように日付をまたいで街を歩き回っていた場合などは、日付が替わって以後のカウントは翌日に繰り越しだ。

午後、菊池さん依岡さんとZoomでビデオ会議。主題は昨年のサマースクールに関連した共著書のことだったが、ついでに話してみると、やはりどこの大学も大変である。

Apple Watchが届いた。iPhoneと連携させておくと、メールやLINEのメッセージを読んだり予定表をチェックしたり、ちょっとした情報端末として使えるのだが、そのほかに、運動不足に警告してくれる機能があって、これが体を動かす動機づけになってくれるかもしれない。

定例休肝日。

昼休みに大学生協へ行き、ピエール・カスー=ノゲス『ゲーデルの悪霊たち』(新谷昌宏訳,みすず書房)という本を見つけて、少し迷ったが買った。

夜はピアノのレッスン。秋の発表会に向けた出しもののほか、クーラウのソナチネの第1楽章を見てもらう。ゆっくり練習しましょう。レッスン後は Garakta へ。テラさんが去ったこの店を、8月いっぱいという約束で、常連仲間の一員であるトクさんが切り盛りしている。やっぱり、この店が開いているとほっとする。

先週、倅を泊まらせて朝起こしてメシを食わせるタスクを繰り返したおかげか、この数日は朝ちゃんと起きられて、ありがたいことである。いつもよりちょっと早めに大学へ行く。仕事は例によって会議まみれだ。

きょうは神永正博『ウソを見破る統計学』(講談社ブルーバックス)を読んだ。

夜、思いのほか涼しくてしのぎやすい。そして月が明るい。

午後、気晴らしに、ひさしぶりに城山に登る。本丸広場には、さすがに人が少ない。下山してジュンク堂書店に行き、仕事に関連した本を何冊か買い、いったん帰宅してスーパーで食材を買う。だいぶ汗をかいたのでシャワーを浴びて、ソーダ水を飲みながら、ダレル・ハフ『統計でウソをつく法』(講談社ブルーバックス)を読む。天気のよい夏の日の、日の暮れる頃合いの雰囲気には、また独特の、なんというか、なつかしさのようなものを感じる。木曜日から昨日まで3夜連続で飲んだので、きょうは臨時休肝日。

朝、昨日の反省を踏まえつつ、秋の発表会で弾く予定の曲をひさしぶりにピアノで練習する。しかしこれ、弾けるようになるのか?

梅雨が明けて洗濯ものがよく乾くのが嬉しいので毎日のように洗濯する。それと、部屋にある倅の衣類を整理した。倅が着てきたものを俺が洗濯して置いておくケースがよくあるので、いつの間にか、けっこう増えている。それで妻に「少し持って帰ったほうがええんちゃうか」と知らせたら、夜の俺が飲みに出かけて不在の間にアパートの前まで来てくれたらしい。スカを喰らわせてしまった。ごめん。