て日々

2020年7月

目次へ

午後、久々に研究室で対面での大学院ゼミ。nCoくんの修士論文の構成を考える。

夜には「大人の音楽会」がスタジオMで開催された。2月に予定されていたのが、みなさま先刻ご承知の理由で流れて、とうとう今夜になった。出演は11組。俺はショパンのワルツ「告別」を弾いた。家でリハーサルしているときはやる気満々で「やりたいようにやらせてもらうぜ!! あー楽しみ楽しみ」とか思っていたのだが、いざ会場の楽器に触れてみると、なかなか思うに任せないものだ。

松本さんの出演がキャンセルになったのは残念だが、前半の最後にジャズ風のアレンジで“It Could Happen to You”を弾いたTNさんと、大トリにベートーヴェン「月光」第1楽章を弾いたわが理学部2回生SKくんの演奏が、とくに素晴しかった。

終演後は、地下BALでビールを飲みつつ、ひとり反省会。俺はごらんのとおりの下手クソだが、それでも、楽器を習っているからには、下手は下手なりに、みなさんに聴いていただく機会が必要だと、あらためて感じた。秋の発表会も開催する方向のようなので、仕切り直してまた練習だ。

いつもの医者に行く日。ここしばらく、積極性を失なっている自覚があってつらかったが、梅雨が明けて空が晴れたこともあり、せめて自分が自分に罵詈雑言を投げかけるのはやめようという気分になった。そういうふうにドクターに言ったら、長い梅雨の気圧や気温の変化はそりゃ誰でもつらかったでしょうとのお言葉。なにもすべてを自分のせいにしなくてもいいという指導はありがたかった。

長い会議。課題提出のメール。数学の質問のメール。問い合せのメール。泊まりにくる倅に夕食も出さねばならず、そのための買い出しにも行かねばならぬ。そんなこんな、いろいろ重なって大変な1日だった。しかしまあ、どうにかやり過ごせたのはありがたいことだ。休肝日。

なにかにつけ積極性というものを失なっているきょうこのごろ。このままではいけない。どっからなといかな。夜はピアノのレッスン。金曜日の本番まであと4日。ぎりぎりまでがんばろう。倅が泊まりに来るのでレッスン後は直帰。

2人分の朝食と弁当を作り、倅と一緒に家を出発したまではよかったが、午後の打ち合わせに必要な資料の入ったUSBドライブを忘れていて、午前中の会議が終わってから家に取りに戻るということをした。おかげでいい運動にはなったが、なんだかなさけない。きょうは会議と打ち合わせが3連発。ろくに話についていけず、頭が回らない自分のアホさ加減に落ち込む。早めに寝る。臨時休肝日。

このほどApple Watchを買うことにした。一週間ほどで届くようだ。

夜遅くなってから倅が泊まりにきた。

よい天気になった。洗濯。ピアノの練習。少しだけ読書。食材の買い出し。午後には散歩に出て、いつものように飲みに行く。地下BAL常連けんけんのレポートによると、きょうの道後はなかなかの人出で、飛鳥乃温泉に入りたかったがあきらめたという。

昨日からとりくんでいる週明け期限の宿題に関連して、永田ゆかり『データ視覚化のデザイン』(SBクリエイティブ)を読んだ。「BI (Business Intelligence) ツール」とか「YoY (year over year = 前年比)」とか「ファネル」とか、知らなかった言葉をいろいろ知った。この本をおおいに参考にしつつ「宿題」の第1版を仕上げて、宵の口の雨の止んだ頃合いに、少し散歩に出た。散歩のついでにフジグラン松山で「洗える布製マスク」を2枚買った。

というわけで4連休。なのだが、学生さんたちからメールは届くし、俺も週明け期限の宿題があるから、寝てばかりいるわけにもいかない。

暦の上ではすでに土用なのだが梅雨が明けない。自転車で大学に行き、原稿の下書き、それから学生との面談。転出予定のN教授が研究室で不要になった私物の本をひと山もってきた。図書委員は俺だけじゃないし、そもそも本人が図書室に寄贈しないと決めた本の処分については図書委員の管轄外のような気もするが、N教授、どうやら俺にはものを気軽に頼みやすいらしい。さてさて、この本の山をどうしたものか。

仕事は例によって会議やら学生との面談やら。夜はピアノのレッスン、それから先週と同様地下BALと Garakta へ。いよいよテラさんが Garakta 最終日だったので常連さんがたくさん来ていた。

大学からピアノのレッスンに歩いて行ったら、思いがけず3分ほど遅刻してしまった。歳をとって、知らない間に歩くのが遅くなっているのかもしれない。歩数計カウント13,167歩。

きょうも蒸し暑いが、研究室の窓を開いて風を入れるとエアコンなしでもなんとかしのげる。きょうはビデオ会議が2つあった。Webexは初めてなので、ログインに少し手間どった。

夜は倅が泊まりに来るので晩飯を出してやる。職場ではエアコンなしでしのいだが、自宅では、今シーズン初のエアコン始動。

雨は降らないが、薄曇りで蒸し暑い。

午前のうちに田口善弘『生命はデジタルでできている』を読み終え、軽く昼食を済ませてから、歩いて県立図書館へ行った。そのあとフジグラン松山へ食材を買いに行った。県立図書館で5冊借りた本のうち、原田隆之『サイコパスの真実』(ちくま新書)と西村惠信『坐る 白隠禅師坐禅和讃を読む』(禅文化研究所)を夜までかかって読み終えた。

きょうも天気がよい。朝、シャワーを浴び、洗濯をする。

田口善弘『生命はデジタルでできている』(講談社ブルーバックス)を読む。デジタル情報処理系としてのゲノムの話だから、情報処理の例え話に言語処理が使われている。漢字とひらがなが適度な割合で混在しているが文法解析が不可能なナンセンスな文字列

本とはにくれ物取な、はころろ電木は、くれそたりぶるん

とか、文法には適っているがよく読むとナンセンスな

アメリカは銀河系の中心部に存在する有名なバーガーショップの支店である

といった例文が出てきた。30億の塩基配列を含むゲノムから、実際のタンパクに対応するわずか数千万塩基未満の部分をどのように見つけるのか、の説明に出てきたのだけれど、それはそれとして、俺はこういう単純明快なナンセンスが大好きである。いや、常識の文脈ではナンセンスなのではあるが、SF作家が作品中に「アメリカは銀河系の中心部に存在する有名なバーガーショップの支店である」と書けば、これはそれなりに意味をもつ表現になりうるのだから、言葉というものは面白い。

朝から晴れ。ひさしぶりの太陽だ。このまま梅雨明けしてくれればいいのだけど、そうもいかないらしい。きょうは自転車で大学へ行く。

夜は Garakta に行く。現店主のテラさんが今月いっぱいで店を去ることもあって、常連たちが示し合わせて集まったのだ。なかなかの盛り上りであった。俺はウィスキーを3杯飲み、常連たちと挨拶をかわし、さらにテラさんの子供たちに遊んでもらって、10時半ごろに退出した。昼間仕事時間中にちまちま歩いたのと、Garaktaへの行き帰りで意外と歩数は伸びて、歩数計カウント9,948歩。

きょうも曇りだが、昨日よりずっと空が明るい。これなら乾くかもと思いながら、また洗濯をする。空が明るくなったら、気分も少し明るくなった。きょうも歩いて大学へ行く。夕方、歩いて家の近くまで戻ってから、もよりの伊予鉄駅から意味なく電車に乗って いよ立花まで移動。ちょっと買いものしてから、柳井町と銀天街を通って歩いて帰るという、よくわからないことをした。というのも、傘を持たずに歩けるのが嬉しかったのだ。歩数計カウント14,806歩。

くもり空。あまり乾かないかもと思いながら洗濯をする。きょうも歩いて大学へ行く。歩数計カウント9,484歩。休肝日。

朝、ひどい雨。朝食のあと、先日妻にもらったトマトを煮込んでトマトソースにする。そこそこの味のものになったが、丼に一杯のミニトマトからパスタ1皿分くらいしか作れなかった。歩留まりがよくない。

午前のうちに数理論理学第13回の講義ノートを作る。第12回と第13回が全体の山場で、完全性定理について解説するが、証明はしない。それから期末課題をどうするか決めたところで昼になったので、簡単に昼食をとって大学へ行く。雨は止んでいる。解析学も数理論理学も今週末に期末課題を出して、授業は一段落である。まあ、提出物を受けとり評価するというプロセスがその後に待っているのではあるが。

夜はピアノのレッスン。本番が月末に迫っている。どう弾きたいかのイメージはだいたい固まったが、実際の演奏はそこまで追いついていないという状況。あとはもう時間をかけて練習するしかない。とかなんとか言いつつ、レッスン後は地下BALからGaraktaという自堕落コース。歩数計カウント11,246歩。

午前中に会議があるので、小雨の中を歩いて大学へ行く。午後は毎週月曜日のお約束、教材開発に関するTeams会議。これは研究室でパソコンに向かってやる。そのほか多少のデスクワーク。夕方、雨が止んでいるうちに歩いて帰り、シャワーを浴びてリフレッシュ。歩数計カウント9,388歩。天気のよい日がなくて洗濯のタイミングが難しい。

午前中に『若い読者のための哲学史』の昨日読み残したぶんを読み終えた。午後は県立図書館に本を返しに行ったり、書店に寄ったり、フジグラン松山に食材を買いに行ったり、けっこうウロウロ歩いたので、歩数計カウント9,123歩。

小雨が降ったり止んだり。午前中は自宅でナイジェル・ウォーバートン『若い読者のための哲学史』(月沢李歌子訳, すばる舎)を読む。若い読者じゃなくて申しわけない。午後はいつものようにBALで飲む。夜遅く、妻がトマトとバジルを届けてくれた。

朝、小雨の中を歩いて大学へ行く。お昼前にTeamsでの会議があった。午後は雨がずいぶんよく降った。昨日に引き続き休肝日。歩数計カウント8,192歩。

夕方に米を買いに行ったほかは家で過ごした。松浦壮『量子とはなんだろう』(講談社ブルーバックス)を読み終えた。次に、加地大介『論理学の驚き』(教育評論社)を手にとる。あいかわらずいろいろやる気が出ない日々だけれど、本くらい読まねば。昨日は水曜日なのに飲みに出かけたので、きょうは振替休肝日。

カズノさんからお誘いがあったので、休肝日を明日に振り替えてモンクへライブを聴きに出かけた。集まったのは、カズノさん、MDさん、K↓さん、3Aさん、そして俺。ピアノとギターと男女のボーカル。ボッサ系のジャズ中心で、気持ちのよいライブだった。ひさしぶりに生演奏を聴いてちょっとウルっと来た。あ、店はわりとガラガラだったので、三密の心配はしていない。

日曜日にまつちかBALで飲んだ帰りにマツキヨで歩数計を買った。きょうは大学へは自転車で行ったが、モンクへの行き帰りを歩いたので、歩数がだいぶ伸びた。歩数計カウント14,021歩。ご多分に漏れずコロナ太りの身としては、せめて毎日歩くようにしたいところ。

大雨・洪水警報が出て小中高の学校は休みになったらしい。夕方には雨はほとんど止んでいる。

ことしも誕生日が巡ってきて56歳になった。なんだかんだ言って、無事に生きていられるのはありがたいことだ。FacebookやTwitterで何人もの人にお祝いのことばをもらえて嬉しかった。

作りかけの教材で模擬授業ということをやった。スライドを見せながらしゃべるという形式は本当を言うと得意ではない。

えらい雨降りのなか、夜に倅が泊まりにやってきたので、簡単ながら晩飯を出してやる。

午後、家でピアノの練習をしていると、BALからの電話で呼び出された。常連のけんけんとか建築士夫妻とかが来ているからお前さんも来る?とのことだったので歩いて出向いた。

午前中、シャワーを浴び、洗濯をする。午後、楽器店にピアノ教室の月謝を収めに行き、その足でまつちかBALに行く。いつになく酔いが回ったのは、昨晩あまりよく眠れなかったせいかもしれない。

朝、小雨。昨日考え直した方針に従って \(V=L\) のもとでの選択公理の証明の下書きをする。ゲーデルの \(L\) の話なので「言語の再形式化」ということが関わってくる。考えれば考えるほど難しい話題だ。このあたりの話を追っていると、集合論をやるにあたっても、あの不完全性定理についてきちんとインテンシブに理解する必要があることを痛感する。もっとも、きちんと学べば難しくなくなるという性質の話でもないのであるが。

電器店が開く時刻になったので出かけていって、掃除機を買う。ついでにスーパーマーケットでエコバッグを買う。昼、また12時台の昼飯時に教室会議。まあ時間調整が楽なんだろうけどね。午後、パワポのスライドの微修正。こういうものは本当に永遠に未完成で終わりがない。止めたところが終わりというものなのだろう。

なんとなくで先送りを繰り返してきたが、いいかげんアレを書いてしまわねばならん。方針の若干の見直しをして、ゆるゆると再始動する。

夕方から中四国のいろいろな大学の関係者によるZoomでの会議に参加。といっても、これに関しては、俺は話を聞いてるだけだった。

朝、三番町ガーデンプレイスカフェで数理論理学の第10回分の講義ノートを作る。そのあとコンビニへ税金やらアパートの保険料やらを払いに行き、ついでに昼飯と飲み水を買ったとき、レジで「袋どうしましょう?」と聞かれた。そこで改めて、なるほどもう7月になったんだと気づいた。これからはマイバッグを持ちあるかないとね。

職場のWindows PCで使うためのヘッドセットとウェブカメラと、さらに増設用のRAMモジュールが届いた。RAMが16GBになって、これでTeamsを立ち上げっぱなしにしていても大丈夫のはず。ヘッドセットとウェブカメラはいままで私物で間に合わせていたが、それはやはり家で使うことにして、研究費で新しいのを買ってもらったのだ。HDの解像度やらオートフォーカスやらで、けっこう高性能なウェブカメラのようだが、通常のリモート会議でそういう高性能なカメラが本当に必要なのかどうかは、よくわからない。